簡単ベジタブルファースト♪血糖値の上昇を抑えるベジファスの最安値を探してみた

   

 

野菜(ベジタブル)を、食事の前に食べるだけで血糖値の上昇をおさえダイエットになると話題の“ベジファースト”。

食べる順番を変えるだけの簡単さなので、モデル・タレントなど美意識の高い方も習慣化している事で有名ですよね。

今回は「ベジファーストしてみたいけど、効果的なやり方が良く分からなかったり、野菜が苦手だったり、毎日自宅でフレッシュ野菜ジュースを用意するのは大変…」という理由で、なかなか続けられない方に人気があるとウワサの『ベジファス/清田産業株式会社 』について、いろいろと調べてみました!

とにかく最安値で試してみたい!という方は、楽天市場で探すよりも公式サイトで購入するのが一番安く買えるのでおススメ。

▼公式サイトはこちら
食前にゼリー1本食べるだけ!【ベジファス】で無理な食事制限とサヨナラ!

そもそも、べジファーストってダイエットに効果あるの?

野菜を先に食べるだけでダイエットできる…?簡単すぎて逆に効果があるのか心配になったりしますが、実はこれ、きちんとした理由があるのです。

空腹時に食事をすると、体は「栄養を吸収しよう!」と準備万端なんですよね。

そんな時に、いきなり麺・パン・ご飯といった糖質が多いものを食べてしまうと、急激に血糖値が上昇してしまいます。

体は、急に上がり過ぎた血糖値を下げようと『インスリン』を分泌するのですが、このインスリン、糖質を脂肪に変えてしまう働きがあるんです。

糖質制限ダイエットなども人気ですが、糖質がフル活用されてしまうのは避けたいところです。

 

おやつなど、甘いものを少しだけ食べるつもりが逆に食欲が増してしまう…というのも実は、インスリンの過剰分泌が原因です。

野菜を先に食べることで、極端に食欲が増すことも抑えられるので、大量にたべなくても満足感を得やすくなるという効果もあります。

 

では、食事の最初に野菜(食物繊維)を食べた場合はどうなるのでしょう?

食物繊維のおかげで、後から摂取した炭水化物による血糖値の上昇を抑えることができるため、インスリンの過剰な分泌も防ぐことができます。

野菜を食べる順番を先にするだけの「ベジタブルファースト」ですが、これだけ大きな違いがでるんですね。

 

血中の中性脂肪にも有効なベジタブルファースト

ダイエット・健康で最も気になる『中性脂肪』。

中性脂肪は「脂肪」ではあるのですが、揚げ物やステーキといった脂質だけではなく、お米やパンといった糖質や、お酒なども影響します。

もちろん脂質は人間に必要なエネルギーではありますが、高すぎると問題が起こります。

血液中の中性脂肪は“血中中性脂肪”と呼ばれ、血液検査や健康診断で調べることができ、この中性脂肪が高いと、病院でも「食生活を改善してください」と言われてしまいます。

中性脂肪を燃焼するには、運動ももちろん大切ですが、同時に、体に取り込む中性脂肪を「減らす」ことも大切です。

食事で一番最初に野菜(食物繊維)を食べるベジタブルファーストを心がけることで、血糖値や中性脂肪を抑えることができるため、無理な食事制限をせずに済むため、自然と続けることができます。

コース料理でも、まず最初にサラダ・野菜が出てきますよね。
野菜をはじめに食べるというのは、昔からの知恵なのです。

 

そんなベジタブルファーストですが、野菜の値段が高いシーズンは困りますし、毎日サラダばかりは飽きてしまう…という方も多いのが事実。

そこで、おすすめなのが、スティックに入ったゼリータイプの『ベジファス』なんです。

持ち運びにも便利なので、急に「ラーメン食べに行こう!」と誘われた時にも、ささっとベジタブルファーストすることができちゃいます♪

なぜ『ベジファス』が人気なの?秘密は3つのポイント!

ベジファスが手軽においしく食べるだけでOKという事は、大きなポイントですが、気になるのは『効果』の部分ですよね!

そもそもなぜ効果があると言えるのか、ベジファスが売れている理由を調べてみたら、3つのポイントがあることが分かりました。

1.機能性表示食品

ベジファスは『機能性表示食品』です。

食品には「一般食品」と「保健機能性食品」の2種類があるのですが、その中でも『機能性表示食品』というのは『機能表示を許可した保健機能食品』のこと。

科学的根拠に基づいて特定の保健の目的が期待できる=機能性が表示されている食品のことで、この表示をするには、商品として販売する前に、消費者庁長官へ安全性と機能性の根拠を届け出て、受理される必要があるんですね。

公式サイトを見ても「食物繊維『難消化性』デキストリンの働きで、糖分や脂肪の吸収を抑えることにより、食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇を抑えます」
と、なぜそうなるのか理由がしっかりと書かれています。

直接口に入れるものなので、安心して食べれる事は、とても重要です。

2.難消化性デキストリン

1で「『難消化性』デキストリンの働きで」と書きましたが、難消化デキストリンとは何なのでしょう??

ウィキペディアを見ると

難消化性デキストリン(なんしょうかせいデキストリン、英語: Indigestible dextrin)とは、人の消化酵素によって消化されない、難消化性のでんぷん分解物である。

と書かれています。

この消化しにくい難消化性デキストリンのおかげで、小腸での糖や脂肪の吸収がおさえられるのですね。

難消化性デキストリンは消費者庁でも安全性が高い食品として認められている成分ということなので、ここも安心できるなと思いました。

3.食物繊維+80種類の発酵エキス

ベジファスは、スティック1本に、水溶性の食物繊維(なんとレタス23個分の水溶性植物繊維)が含まれています。

ファスティングなどでも人気の「発酵エキス」も含まれていて、

・57種類の野草類
・10種類の野菜類
・11種類の果実類
・2種類の海藻類

が配合されています。

ベジファスをもっと詳しく知りたい方は公式サイトへ

『ベジファス』利用者の口コミを調べてみました

良さそうだけど…私に合うかな…続けられるかな…そんな時に一番気になるのは、やっぱり口コミ情報ですよね。

調べてみて多かった口コミは、

  • 個包装で持ち歩けるから、外食が多い人も続けやすい
  • 野菜が高い時にも、一定コストで続けられる
  • 1日1本でOKなので、ベジファーストの「食事の20~30分前に野菜をとる」という面倒さがなくなって嬉しい
  • 味が美味しく、ゼリーなので毎日続けやすい
  • 食前にベジファスを食べることで、ドカ食いが減った
  • 食物繊維のおかげで、お通じが良くなった気がする

ベジファーストが続かない理由は、やっぱり「面倒だから」がダントツ1位でした。
この手間と場所を選ばずに続けられるというのは大きなメリットですね。

柑橘系のゼリーなので美味しい、という意見も多く見られました。
野菜を食べなきゃと思っているけれど、野菜が苦手で…という方にもぴったりですね。

ベジファスを最安値で購入できる販売店はどこ?

ベジファスを最安値で購入できる販売店がないか、楽天・薬局(ドラッグストア)などいろいろと探してみたのですが、現在はベジファスの公式サイトだけでしか販売されていないようですね。

公式というと高いイメージでしたが、初回半額の『お試し価格』で買うことができる割引サービスも行われているので、とてもお得に買うことができます。

▼ベジファスの公式サイトはこちら
ベジファス/清田産業株式会社

 

50%OFF+いつでも解約OK!お得なキャンペーン情報をチェックしよう

「初回半額って行っておいて、定期コース契約したら、とんでもなくお高い金額払わされちゃうんでしょう?」みたいなサイトも多くみられますが、ベジファスはその辺も安心で、継続回数の約束が不要な仕組みになっています。

合わなかったり、続けられないという時もあると思いますが、そんな時は、1つ目が終了する前に連絡すれば、いつでも解約OKなんです。

体に入れるものだから、安心してお試しすることができるのは、とても嬉しいですよね!

体に合って、定期コースで続けたいといった場合も、定額ではなく23%OFFの特別価格+送料無料になるので、とてもお得に利用できるというユーザー思いのサービスになっています。

これなら、毎日フレッシュな野菜を食べ続けるよりもベジファスの方が安くすみそうですし、なにより食事前にゼリー食べるだけという簡単さが手軽で続けられそうです。

 

『美容ライター100名が選んだ機能性表示食品』で3冠を達成したというベジファスですが、キャンペーンはいつまで開催されているか分からないので、興味がある方は早めのお申し込みがおすすめですよ!

 

▼ベジファス公式サイトで、
継続の約束なし+初回半額+送料無料のキャンペーンをチェック!

女性の中性脂肪と血糖値の上昇を抑える【ベジファス】

 

 - ダイエット